葬儀が終わった後の供養について

葬儀が終わった後の供養について
葬儀が終わった後の供養について

葬儀が終わった後の供養について

PAGETITLE
大切な家族が亡くなった時は、お通夜や告別式の準備で忙しく、心身共に疲労をしている方が多いです。
大切な家族の葬儀が終わった後は、四十九日の法要を行いますが、親族が揃って僧侶に依頼して、読経をしてもらうようにして、故人を偲びながら会食をすることが多いと思います。
一周忌が終わった頃にお墓を建立したり、お骨を納骨してもらうために、納骨堂を探している方が多いと思います。
檀家でなくても、僧侶に依頼すること出来る所が増えているので、きちんと供養をしてあげることが大切です。
お墓を建立するまでの間にお骨を預かってほしいと思っている方は、納骨堂に納めてもらうようにすると良いと思います。
費用についてもきちんと説明を受けるようにしてほしいです。

最近は、永代供養を行ってもらうことが出来る納骨堂が増えているので、永代供養費や管理費を納める必要がありますが、後継者がいない場合は利用されると良いと思います。
交通の便利の良い霊園で墓地を購入したいと思っている方が増えているので、日当たりが良く、交通の便利の良い立地の所を選ぶようにすると、高齢者の方や体の不自由な方でも、お参りがしやすいです。
一周忌や三回忌、七回忌などの法要を行うことが出来る所が増えているので、年忌を行うために利用されると便利です。
休憩所や清潔なトイレが完備されていて、清掃道具やお線香なども用意されている所を利用すると、持っていく荷物の量を減らすことが出来るので、事前に問い合わせておくと良いでしょう。

最近は、少子高齢化が進んでいるので、お墓が遠方にあったり、お子様などの後継者がいなくて悩んでいる方が増えています。
全国にお墓の悩みを持たれている方のために、数多くの霊園や納骨堂が紹介されているので、信頼できる専門業者が増えているので、悩みや不安を相談に乗ってくれるので、納得が行くまで説明を受けるようにしてほしいです。
十三回忌ぐらいまでは、親族で集まってきちんと年忌を行うようにしてあげてほしいと思います。